姑に嫌味を言われながら、同窓会に行ってきました

こんにちは、神奈川在住の主婦です。なんだか、ブログ更新は久しぶりです。
お盆休みの話なんですが、大学時代の親友と何年振りかで会って、楽しい時間を過ごしてきました。3人だけの同窓会ですね。

親友といっても、1年に1回も合わない時もあるし、それぞれに忙しい主婦になっているので、仕方がないとはいえ、ちょっと寂しい感じですね。

そのうちの一人、紀子とはなんと15年振りの再会です!
私は神奈川に住んでいるんですが、紀子は大学卒業してからずっと、兵庫県に住んでいます。
神戸ではないみたいですね。兵庫県でも山の方らしいです。

それで、なかなか会えないまま15年も過ぎてしまったというわけです。
でも、嬉しかったのは私も紀子も、15年振りの再会なのに全然違和感がなくて、まるで毎日会っていたかのように、なんの違和感もなく話ができたことです。

一気に15年の歳月が縮んだというか、なんとも不思議な感じでした。
親友というのは、何年離れていてもこんな感じなんですね。ほんとに嬉しい体験でした。

ところで私の姑、厳しい人でしょ?
同居はしていないんですが、私の行動を逐一監視しているようで、今回も友人との再会があるので、子供を義母に預けに行ったんです。

嫌味の一つも言われるかな〜っと覚悟していたら、案の定!
「いいご身分ね。自分は遊びに行って、子育ては私に押し付けるなんて」
だって。

普通ね、孫を1日お願いするくらいで、こんな嫌味言う?普通なら、孫の顔が見られて、お世話ができて、すごく嬉しいもんじゃない?
と、かなり私も腹が立ちました。
まあ、これも同窓会のネタにさせていただきましたけど 笑

義母はいつもこんな調子だから、例えば毎年出している年賀状も、いつもダメ出しされるんです。
やれ、色が暗いとか、子供がはっきり写ってないとか。
あ、写真年賀状なんですね、うち。

人の年賀状にここまでケチをつける人って見たことないですよ。
だから今年は絶対に文句を言われない年賀状を作ろうと思います。まだ8月ですが、すでに年賀状のショップで良さそうなところを調べてるんです。

ここなんか、良さそうですよ。
年賀状印刷は、やっぱり年賀本舗

年賀状の話をするには、季節外れ過ぎましたね 笑
でもそれだけ、私が義母に警戒心を持っていると思ってもらえれば・・・
旦那に言っても、暖簾に腕押しだからな〜。


親子そろって鼻炎に悩まされています

この季節に不似合いな話題なんですが、鼻炎の話です。
正確にいうと、アレルギー性鼻炎。
季節に関係なく、年中鼻が詰まったり、くしゃみをしたり、鼻水が出てきたりです。

私だけならまだいいんですが、4歳になったばかりの我が息子も、私の鼻炎を引き継いだのか、年中鼻をぐしぐし言わしています。
みててかわいそうですよ、特に夜。
一緒に寝ているのですが、鼻づまりになった日の夜は最悪です。

眠れないし、辛いし、息がしにくいし。何度鼻をかんでも、鼻づまりは解消されないので、しまいには大声で泣き出してしまうんです。
見ていてすごく辛い気分になります。

もちろん、私も鼻炎に悩まされているので、自分自身も辛いのですが、息子が辛そうにしてるのが、何より辛いですよね。
先日、この件で夫と大げんかしまして。

というのは、夫は私と息子が鼻炎で大変な思いをしているのに、全然親身になってくれずに、寝転がってテレビを見て「ガハハ」と笑っているだけなんです。
ちょっとは家族のことも心配してよって怒りが頂点に来て、大爆発!
もう、怒鳴った怒鳴った。人生であんなに怒鳴ったことなんて、ないぞ!というくらいに声を張り上げました。

不思議と、そんな時って鼻炎の症状がピタリを収まっているんです。不思議。。。
夫もちょっとは反省したみたいで、家事を手伝ってくれるようになりました。

とはいえ、鼻炎の辛さは息子共々、ずっと続いています。
聞くと、鼻炎にはお茶が効果あるっていう話だけど、本当かしら。
カテキンが免疫バランスを整えてくれるんだって。
それを聞いてから、毎日意識的に緑茶を飲んでいます。

これで治ってくれるといいんだけど・・・


紫外線に怯える日々がやってきました

久しぶりの更新です。相変わらず怖いお姑さんに覚えながらの生活ですが、最近は他のことにも怯えています。
何に怯えているかっていうと、紫外線なんです。
私は今年で28歳になるんですが、そろそろお肌の曲がり角?

お天気の良い日なんかに買い物とかで外出すると、肌がヒリヒリしてくるし、乾燥肌になってしまいます。
紫外線を浴び続けると、シミやしわの原因になるっていうし、外出の時は日焼け対策は欠かせません。

日傘をバッチリさして、車に乗る時はサンシェードを窓につけて、サングラスに帽子と、一見すると非常に怪しげな格好(笑)

でも3歳の息子がいるので、私自身もおしとやかにして入られません。
だから外出した時なんかは、自分のことより子供のことが優先になってしまうしね。肌のことなんか二の次って感じです。

先日、そんな悩みを学生時代の友達の優子に話してみました。
すると、優子は紫外線対策としてサプリメントを飲んでいるそうなんです。
アスタキサンチンていう成分が入っているらしくて、これが活性酸素による肌の老化を抑えてくれるらしいんです。

今まで紫外線対策とか、日焼け対策は日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりくらいの知識しかなかったのですが、まさかこんなサプリメントがあるなんて、思いもしなかったです。

早速自宅に帰って調べてみると、このサイトに詳しく載っていました。
http://www.美白になる方法.site

富士フィルムが出しているサプリメントなんですね。人気らしいので、私も試してみようかなと思いました。

それにしても、富士フィルムって昔はフィルムだけの会社だったんだよね?
今は化粧品を作ったりと、すっごく多角化しているイメージ。
大手会社の商品だし、安心できるかな。
試してみた結果は、また報告しますね♪


家中を断捨離してスッキリ!

先週末、ポカポカと陽気に誘われて、家中の大掃除をしました。
3才の息子は、姑の家に預けてきました。普段は姑の襲来に怯えながら生活してるので、たまには息子を預けて、孫の子守を任せようと思ったんです。

その効果はてきめんでしたよ。姑は飛び上がらんくらいに喜んで「おばあちゃんとこに泊まっちゃう?」と、年甲斐もなくはしゃいでいました。
機嫌が悪い時は、孫にも平気で追い詰めるような厳しい物言いをするくせに、機嫌がいいととても孫を可愛がる、なんとも身勝手なおばあちゃんです。

でも今回は、すごく機嫌が良かったし、息子の好きなおもちゃを買ってくれるっていうので、息子もニコニコです。毎週末はこうしたスタイルで、息子を預けようかなと思いました。

さて、息子の邪魔もなく、掃除は順調に進んでいきました。
私は普段掃除をあまりしないんです。掃除嫌いなんですよね。でもこの日は断捨離をどんどん実行しました。
放っておくと、どんどんものが溜まっていくんです。
捨てられない=掃除下手という図式は、本当だと思います。

というわけで、押入れの中を徹底的に断捨離!
すると、私が昔密かに好きだった、関ジャニ∞の生写真とか、DVDがダンボール箱にずっしりと入っているのを発見。

これって、何年前のものだろう・・・
思い出せないくらいですが、独身時代から集めていたグッズなので、感慨もひとしおです。
ついつい、掃除の手を止めて見入ってしまいました。
ああ、我が青春の錦戸くん・・・。

でも、心を鬼にして断捨離をすることを決断しました。今は別に関ジャニのファンでもないので。
押入れの中に眠っていたということは、これから先もずっと押入れの中に眠り続けるということなので。

で、捨てようと思った時にふと気づいたんです。
「このグッズ類、もしかして高く売れるかも??」って。
そこでネットで検索すると、こんなサイトがありました。

http://www.関ジャニグッズ買取.xyz

ネットから申し込むと、ジャニーズのグッズを効果で買取してくれるというんです。
これは私の小遣い稼ぎにぴったりだわ!
というわけで、ダンボール1箱分の関ジャニ∞グッズは、買取してもらうことにしました。

ちょっと寂しい思いにもなりましたけど、いつまでもジャニーズにキャーキャーいう歳でもないので。
掃除の方は順調に断捨離が済んで、家中スッキリ!
でも、子供のおもちゃはどうしても捨てられないんですよね。昔着ていたベビーウエアなんかも。

でも、私の数年前から溜め込んでいた不用品は断捨離したので、気分スッキリの週末でした。


夫の健康診断の結果が悪く、悩んでいます

先日、夫がため息まじり帰宅してきました。
何事?と思って聞いてみると、健康診断の結果が出た日だったらしく、コレステロールの値が高くて、高脂血症だと診断されたらしいんです。

普段から結構お酒を飲むし、タバコも1日1箱は吸っています。
おまけに普段はまったく運動をしていません。
そのせいか、私の目から見ても完全なメタボなんですね。

そんな自分の生活習慣や体型を自覚しているくせに、健康診断の結果が悪いのは想像できないかな〜?
そんなふうに思いましたが、妻としてできることは、普段の食事を野菜中心にするとか、低カロリーにするとかですね。
そこで早速、本屋に行って低カロリーでできるメニューブックを買ってきました。

それから、コレステロールを野菜の力で下げられるとかいうトクホ飲料もあるそうです。

http://www.コレステロールを下げるトクホ飲料.club

これ、なかなか良さそうなので試しに買ってみようかなと思っています。

そもそもコレステロールって、体に必要なものなんですよね。
善玉コレステロールは、体を作るものとになる細胞膜やホルモンの材料になるので、大切なものなんです。
善玉コレステロールが低いと、動脈硬化になったり、血管が詰まりやすくなるそうです。
でも問題なのが、悪玉コレステロールです。

うちの夫は間食も好きで、よく菓子パンやショートケーキ、アイスクリームを食べています。
こうした食べ物は、コレステロールを下げるタイプの脂肪が多いそうですよ。
夫には控えるように言いました。

コレステロールの値が高くて落ち込んでいるのに、お菓子を食べてる場合じゃないでしょ!って感じで(笑)
それから、ビールも控えめにしてもらいました。
今は晩酌の時にコップ一杯の焼酎で我慢してもらっています。
焼酎は蒸留酒なので、そんなにカロリーもないと思いますので。

あまり我慢させすぎると、ストレスで違う病気になりそうなので、そこはバランスよく。
とにかく、子供もまだ小さいし、今変な病気になられたら生活できなくなっちゃいますので、私も真剣に夫の体調を気遣っているんです。


お宮参りの時の嫌な思い出

相変わらず、お姑さんの機嫌に振り回されています。
実家から私たちが住んでいる家まで、2時間以上もかかるんですが、結構頻繁に「孫の顔を見に来た」ってことで来るんです。

いや、来てくれるのは構わないんだけど、機嫌が良ければね。
機嫌の悪い日なんか、部屋に入るなりじろっと部屋中を見回して、私に聞こえるように「はぁ〜〜〜」ってため息。
家が散らかっているのを、暗に批判しているわけです。
だって、仕方ないと思うんです。やんちゃ盛りの息子がいるんだから。

前の記事にも書きましたが、息子も「おばあちゃん、怖い」ってあまり懐いていません。
でも、お姑さんはそんな空気を察することをせずに、息子の相手をしています。
ところが先日、いきなり我が家にやって来たときは、すごく機嫌が良かったんです!
珍しいこともあるんだな〜、鼻歌まで歌っていました。

どうして機嫌が良いのかは、全然分かりません。そこを聞くと、機嫌が悪くなっても困るので、黙っておきました^^;
それで、話の間を持たせるのに、息子が赤ちゃんの時のアルバムを一緒に見てたんです。

ちょうど、お宮参りの時の写真なんかがあって、「懐かしいね〜」って盛り上がりました。
機嫌が良ければ、すっごく良い人なんですよ。

でもその写真を見て思い出しました!あの時も、姑の強引な意見でもめたんです。
というのは、お宮参りの時の衣装をどうするかっていう話になって、私はもったいないから、お宮参りの衣装はレンタルしましょうって言ったんです。

こんなサイトで勉強もしていたので。↓
お宮参りのレンタルで安いところ

でも姑は、「そんなのダメよ!初孫なんだし、せっかくのお宮参りの衣装をレンタルで済ませるなんて、あなた正気?」とすごい剣幕で詰め寄られました。
考えると、姑に対する恐怖のトラウマは、この時に植え付けられたのかも。

結局、私が折れて衣装はレンタルじゃなくて買うことにしました。
お金は、姑に出してもらったから良かったけど、何かにつけて我が家の子育ての方針に文句を言って来るのは、ストレス以外の何物でもないです。

今は私が我慢してるけど、私のストレスや怒りが爆発したらどうなるんだろう?
そうならないように、お姑さんとうまくやっていく方法がないかを、模索中です。
いっそのこと、日帰りで来られない距離のところに引っ越そうかな。。。


お姑さんが、すごく怖いんです。孫も萎縮させてしまう大迫力。

私は神奈川県在住の27歳の主婦です。息子は3歳、やんちゃ盛りで、夫と力を合わせて子育てに奮闘中!

夫は子育て、家事にすごく協力的なのですが、実は最近すごく悩んでいることがあります。
それは、お姑さんなんです。
この人、夫とは違いすごく気分屋で大変な思いをしています。

先日、半年ぶりにお姑さんがわが息子に会いに来てくれました。(夫の実家からは2時間以上電車でかかるんですが、はるばるやってきてくれます)

このお姑さん、機嫌のいい時はニコニコしているけど、機嫌が悪い時はものすごく怖い(笑)。
そしてその日はよりによって機嫌が悪い日だったようで…。
会ってすぐに「あ、今日は機嫌悪そう…」とわかりました。
だって顔が笑ってないんですもの。会話しても全て冷たく否定されるんですもの。なんてたって口調と顔が怖い(笑)。

そして悲劇が起こりました!

お姑さんが息子におもちゃを買ってくれるっていうから、お姑さんと息子と私の3人でデパートに行ったんですね。
その日は私が体調が悪くて、着いてそうそうトイレに行きたくなったから、お姑さんと息子で先におもちゃ売り場に行っててもらいました。

用を足しておもちゃ売り場へ行ってみると、お姑さんのでかい声が聞こえてきます。
「うわ~なんだろう」
すごく嫌な予感がして、小走りになって2人のもとにいくと、お姑さんが息子の顔に自分の顔を近づけて(5センチぐらいの距離)、

「何がほしいの!!?他に何かないの?!!ねぇ??!!!」と聞いています。
いや、聞いているというか、尋問?
刑事じゃないんだから、怖いって!
どうみても怒られてるようにしか見えない…。

周りの人も、じっと2人のやりとりを見ています。
もう、恥ずかしいやら情けないやらで。

かわいそうに、息子は委縮して下を向いて何も答えられない状態でした。
普段はやんちゃな息子なのに、お姑さんの前では蛇に睨まれたカエルのようになってしまいます。
ちょっと涙ぐんでもいました。

私が息子にフォローしてあげ、好きなおもちゃのところに連れて行ってあげたら、私たちの後ろで姑が、

「初めからいえばいいのに!」

って。
いやいやいや、言えないでしょ!あんな圧力かけられたら!
息子がうつむいてたら、「あんたのしつけのせい!?」って言われるし。
もう~ほんとにイライラ。こんな姑さんにどう対応していけばいいの!?